仮想通貨ビリオネアランキングTOP13!!創業者は強し!!

★この記事をシェアする

『フォーブス』は、世界有数の経済誌である。本社はニューヨーク。 アジア版など地域別に発行するものや日本版を含めて32の国際版をもち、毎年春に発表する世界長者番付でも広く知られる。

その『フォーブス』がビットコインなどの仮想通貨で最も裕福な人々のリストを初めて公表した。

リストに名を連ねた人々の大半は、ブロックチェーン関連企業の創業者やCEOだ。

日々の変動はあるが、彼らの所有する仮想通貨の総額は170億ドル(約1兆8000億円)以上、最大240億ドル(約2兆6000億円)にのぼる。

一般人が仮想通貨によって億り人になったというニュースが溢れているが、そのゴールドラッシュとも言える仮想通貨を生み出した人々こそが、仮想通貨の世界で最も裕福な人々だ。

それでは、仮想通貨ビリオネアランキングTOP13!!をご紹介する。

仮想通貨ビリオネアランキングTOP13!!

13位 バレリー・バビロフ(Valery Vavilov)氏 38歳


2011年、ビットコインのマイニングを手がけるBitFury(ビットフューリー)を創業。400人の従業員を抱える同社は、これまでに80万ビットコインをマイニングした。バビロフ氏は5億ドル~7億ドル相当の仮想通貨を所有。

12位 ダン・ラリマー(Dan Larimer)氏 35歳


3つのブロックチェーン・プラットフォームの立ち上げに貢献した、BlockOneのCTO(最高技術責任者)。6億ドル~7億ドル相当を所有。

11位 ブレンダン・ブルマー(Brendan Blumer)氏 31歳


BlockOneのCEO。同社はブロックチェーンのプラットフォームEOS.IOの運営に携わる。6億ドル~7億ドル相当を所有。

10位 マイケル・ノボグラッツ(Michael Novogratz)氏 53歳


Galaxy DigitalのCEOでヘッジファンドの元マネジャー。2007年の不況前にはビリオネアだった。7億ドル~10億ドル相当の仮想通貨を所有。

9位 ブロック・ピアス(Brock Pierce)氏


元子役で、現在はプエルトリコ在住。コインベース(Coinbase)やテザー(Tether)を含む、数多くの仮想通貨関連の企業の立ち上げに貢献。7億ドル~10億ドル相当を所有。

8位 アンソニー・ディ・イオリオ(Anthony Di Iorio)氏 43歳


イーサリアムを含む仮想通貨ウォレットJaxx(ジャックス)の創業者。Qtum(クアンタム)やVechain(ヴェチェーン)、ZCash(ジーキャッシュ)にも投資している。合わせて、7億5000万ドル~10億ドル相当の仮想通貨を所有。

7位 マシュー・ローザック(Matthew Roszak)氏


早くからビットコインに投資していたTally Capitalの創業者で、ブロックチェーンのスタートアップBloqの共同創業者。9億ドル~10億ドル相当を所有。

6位 ブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)氏 35歳


コインベース(Coinbase)のCEO。9億ドル~10億ドル相当を所有。

5位 マシュー・メロン(Matthew Mellon)氏 54歳


投資家。メロン財閥の跡取りで、リップルに早くから投資していた。9億ドル~10億ドル相当の仮想通貨を所有。

4位 ウィンクルボス(Winklevoss)兄弟 36歳


双子のキャメロン(Cameron)とタイラー(Tyler)は、9億ドル~11億ドル相当を所有。ビットコインに早くから投資しており、2015年には仮想通貨の取引所ジェミニ(Gemini)を立ち上げた。

3位 CZ(Changpeng Zhao)氏 41歳


世界最大の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の創業者でCEO。11億ドル~20億ドル相当の仮想通貨を所有。

2位 ジョゼフ・ルービン(Joseph Lubin)氏 53歳


ゴールドマン・サックスの元幹部で、イーサリアムの共同創業者。10億ドル~50億ドル相当を所有。

1位 クリス・ラーセン(Chris Larsen)氏 57歳


リップルの共同創業者。75億ドル~80億ドル相当の仮想通貨を所有。資産のほとんどはリップルだ。

管理人の一言

仮想通貨の発行主はやはり莫大な資産を持ってますね😅

羨ましい限りです🤤

こうやってリスト者をみてみると、

マイニングを行った人

仮想通貨取引所を行った人

アルトコインを創業した人

投資家

などなどですね。やはりいち早い情報というものがお金にかわるんですよね!

1BTC=2万円だったころにたまたまビットコイン会合のキャンペーンガールとしてバイトしていたモデルが、興味本位に2BTC購入、

1BTC=100万円になったところで売却、リップルに全額投資⇒資産5000万円などといった事例もあります。

仮想通貨投資もまだまだ遅くないですし、「2020年の東京オリンピック半年前ぐらいが最高値」と予想しております。

その時にどの仮想通貨が急騰するのかいち早い情報を入手して目指せ億り人!

 

★この記事をシェアする
このブログを書いている人

しの@仮想通貨ICO初心者入門です。

2017年10月から仮想通貨投資を始めました!

誰にでも分かりやすいブログを目指しています(*'ω'*)

Add friend
Add friend

オススメ仮想通貨取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

あわせて読みたい

仮想通貨ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)