マージントレーディングのしくみとFXとの違い

★この記事をシェアする

CROSSexchangeのマージントレーディング(信用取引)は、一定額の資金をマージン口座用のウォレットに預け、その数倍の資金を取引所から借入れて、自己資金よりも大きな取引を行える仮想通貨の証拠金取引のことです。

マージントレーディングはFXではありません。

同じレバレッジをかけた取引にFXがありますが、マージントレーディングはFXとは違います。FXはあくまでも仮想通貨のインデックス取引であり、現物価格とは異なる作られた指数を取引します。

その点、マージントレーディングは、実際の仮想通貨(コイン)を借り入れて、現物取引と同様の売買板で取引を行いますので、現物価格に裏付けされた適正価格で取引が可能です。

マージントレーディングのしくみ

では、マージントレーディングにおける証拠金取引とはどのようなものでしょうか?

マージントレーディングを行いたいユーザーは、保証金をマージン口座に預け入れます。それを担保にCROSSexchangeから現物のコインを借り入れます。


例えば、自己資金が10,000ドルだとします。現物取引の場合、10,000ドル分の取引しかできません。(自己資金:10,000ドルに対し、取引可能額:10,000ドル)

しかし、レバレッジ6倍でマージントレーディングを行なった場合、自己資金10,000ドルを担保として預けることで、CROSSexchangeから60,000ドル分のコインを借りる事が出来ます。(自己資金:10,000ドルに対し、取引可能総額:60,000ドル)

その際にはコインを借り入れる手数料、取引手数料が発生します。(取引手数料はXEXで還元)


マージントレーディングで「新規売り=空売り」ができる背景は、ユーザーは取引所から借り入れたコインをすでに持っているからなのです。

まとめ

・マージントレーディング(信用取引)は現物のコインを借り入れて取引する商品

・仮想通貨FXは現物ではなく指数の取引を行う商品

・FXもマージントレーディングも必ず反対売買(決済)を行い、利益(または損失)を確定する必要がある

↓期間限定120XEXプレゼント!クロスエクスチェンジ無料会員登録はコチラ↓

※登録時、Gmailアドレスだと認証コード入手のメールが遅延する場合があります。遅延、もしくは届かない方はお手数ですが他のフリーメールを取得して上記無料開設ボタンから開設願います。
★この記事をシェアする

【必読】クロスエクスチェンジで投資資金を最大限アップさせる方法!


このブログを書いている人

しの@CROSS exchangeで儲けよう!です。

2017年10月から仮想通貨投資を始めました!

誰にでも分かりやすいブログを目指しています(*'ω'*)

Add friend

クロスエクスチェンジサポート

Add friend

オススメ仮想通貨取引所


あわせて読みたい

投資ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)